「小宮商店」様 ご紹介

国産洋傘メーカー小宮商店様をご紹介をさせていただきます。

小宮商店様は数少ない国産洋傘メーカーの1社で、
1930年創業と大変歴史のある会社です。
創業当初から、傘をファッションの一部として、
末永くお使いいただきたいという想いを込めて、
日々傘づくりを続けておられます。

以下、小宮商店様のホームページから一部引用してご紹介させていただきます。


職人がひとつひとつ、
心を込めてつくります


職人の手で、心を込めてつくる傘は、
常に使う人のことを考え、細部にも目を向けます。

傘を開くときに手を傷めないように、
ロクロを生地で覆う「ロクロ巻き」。
骨が生地にあたる部分、ダボを生地で保護する「ダボ巻き」。
生地が痛みにくいように手縫いでとめた「ネーム」。
防水の精度をさらに高めるためにキャップを入れた「陣笠」。
フォルムの美しさを追求した傘の「張り」。
多くの工程を経て、やっと出来上がる傘は1日に4〜5本程度。
伝統技法を受け継ぎ、手間のかかる作業も妥協せず、
ひとつひとつ丁寧につくります。
最後は熟練の技と勘所で、しっかり点検を行ない、
手元(持ち手)を取りつけ、お客様にお届けします。

生地、手元(持ち手)、骨などの傘を構成する素材も
より使いやすく、安全で、丈夫で、さらに高品質のものを厳選し、
傘本体の「つくりのよさ」にこだわった
日本製洋傘が「小宮商店」の傘です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA