喪服の日傘

二重の喪服からの御依頼。

手縫いなのにまるでミシンをかけたかの様な均一な縫い目。
オートクチュールの縫製職人の技のようです。
昔の御婦人はこの技術を競うように習得していたとのこと。

家紋1つでは少し淋しいので、月蓮画伯の隈取を入れることに。
布地に直接描く手法なので、常にぶっつけ本番です。
いつも期待値以上の仕上がりに感服。
お客様にも大変喜んで頂きました。

代々の家紋と隈取が美しい女性の頭上で、紫外線のみならず様々な苦悩から守ってくれることと存じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA