しな布の日傘の修理

山形県鶴岡市の「しな布」織の日傘。

生地の端が何箇所か切れてきてしまったので、厚手のしな布で補強してほしいとのご要望でした。

布地が硬いので大変扱いづらく、苦戦しましたが、熱狂的な愛好者の存在が理解できる貴重な1本に仕上がりました。

日傘の修理

ロクロの緩んだ芯棒の修理。

留め具を引き出し、それでも緩いのでカッティングシートで厚みを作り、解決しました。

紗の透け感を生かしつつ、

日傘としての機能性も作る為、共布を二重にしてあります。