裏地を差し色で入れた日傘

70歳の御婦人より、「私の幼い頃に母がよく着ていた思い出の着物です。」と御依頼。

裏地の赤い部分を大きく使い過ぎたかな、と心配しながら送付。

到着電話の第一声は、
「母が身近に戻ってきたみたいで涙が出ました。赤の部分もこれくらいが好き。」と。

こんなお声を頂くことが、私どもの一番の原動力です。

有り難いことです。

すべてのお客様に感謝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA